惨敗 意味 間違え 間違いやすい考え と 敗北 大怪我について

関連 惨敗 間違え 間違いやすい 敗北 大怪我 意味

タグ:old11 ( 3 ) タグの人気記事

惨敗のことは考慮は必要でも それ以外に 一人で生きることも大切 一人仕事編

題名のとおり
惨敗しないことも大切
適正な形で運営して
プロジェクトなどを成功させるべき
でも
それ以外に 労働で リスク云々なしに
一人で生きることも考えるべきです
そのことをするヒントになること集めました

一人で生きる時の手助けになれば

一人仕事(ひとり仕事)などの一人でできる仕事をするための役立つものを紹介ですが、実現には住所 名前 10万円以上の金など色々必要です。また 資金作りのため、ポイントサイトの稼ぐために比較して見つけた案件のランキングと攻略も教えます。 こちらをクリックしてください。

OR

http://hitorisigoto.sblo.jp/

健康になれるための方法
http://kkeennkkou.sblo.jp/

全体
http://syoukibo.exblog.jp/20144443/
このブログトップページ
http://syoukibo.exblog.jp/

by fyi0007 | 2014-01-11 23:53 | 惨敗以前に

第4回 惨敗について もう少し考えるべき

もう少し考えるべき

惨敗について想定されること これ以上に やっているライバルがいるかどうかの分析がされていない
ライバルに全てで負ける=惨敗です
そうしたことを理解すること
逆に ライバルより 総合的には劣化でも 一つの要素で勝っていたら
勝てる時があります

これでは足りない ネットで本屋さんを運営するでのポイントです
 販売する本の分野を特化するメリット 

1 自分の売っている本の特色を出すことが出来るから
  ここには何の中古の本が売っているか良く分かる。
  お客様からしたら興味がある分野の本が楽に探せるので便利
2 自分の売っている本の紹介をする時には同じ分野なら共通項が多いので
内容を使い回しが出来る。よって紹介作業が楽

3 本の紹介の為にその本の分野を勉強する。そしたら仕入れる時にどんな本があるか等を
勉強して、知識を深めれば、その分野の知識を皆が見たい形でホームページで紹介すれば
アフィリエイトサイト等を運営出来る可能性が広がり、他の方法での収入源も手に入りやすくなる。

4 自分が深くその分野について勉強が出来たら、新しい事が考えやすいです。
本を単に売ることから一歩抜き出した方法を構築できるかもしれません。

デメリット
1 分野が重なるので、売りたい本を探すのが大変。

下記に 最初に見てほしいこと載せました













by fyi0007 | 2009-04-16 22:52 | 基礎講座

第2回 夢ばっかり 惨敗 敗北 大怪我についての分析

将来の夢は 本屋さんになることです
お金がありません
というなら 頑張ればなんとかなる
昼開けれません
夜無理してやりました
クレームきました
昼対応できません
よって 評判落として 店とじました
こういう経営の惨敗はよく聞きます
それは置いといて
惨敗しない=出来ることを把握して 出来ることの範囲を膨大につくり組み合わせて
勝てる形を作ること
敗北 大怪我についての分析をしても おんなじことが言えます

こんな感じでネットでの本屋をすることを追いかけてました。

仕入れについて
仕入れをする時の注意点と方法について
仕入れのときの注意点 
1 自分が事前に売りたい分野の本を決める。
 理由 沢山本は世の中に存在しますので、売りたい本の分野を事前に決めて
その分野のみを徹底的に調べて売るものを購入して下さい。
 売れそうだと思う本を購入して下さい。
2 自分がここが良い内容と思うページと目次をコピーする。複製を持って下さい。
 理由 自分で本を紹介する時に大切な情報です。
 どんな紹介をしたらすぐ売れたか?等を調べるときに重要な情報源になると思います。

仕入れの時の方法   
1 一日中本の仕入れで使うなら売り上げ10万以上は仕入れて下さい。
寄り道ついでに購入するなら売り上げ1万5千円以上は仕入れて下さい。
仕入れで行動する為に、移動して、買う本の分野を決める等
事前に沢山計画立てたりします。そこでその行動を人件費に直せば、結構な額になります。
そこで一冊買えば終わりではなく、
何冊も買って販売しないといけないからです。

2 それなりに値の張るところで買うなら、
図書券が使えるか聞いて使えるなら、
事前に大量の図書券を購入して、図書券で買う。
理由 町のチケット屋さんに行けば必ず定価より安い図書券が手に入るので、
チケットを使えば少しは安く手に入ります。

3 日進月歩する分野の本は売っても無駄 評判落とすので絶対に売らない事
理由 特にPC 法律の本 資格の本 時が過ぎて、内容が変更する物を売れば実際勉強したり、
本を読んで知識習得しても実際には使えない事がありえます。
例 PCは昔の方法はPCの発達で使えないです。
法律は法改正に伴い、過去の法律は死んでしまいます。
資格は法律系なら法改正で過去の法律覚えて答えても不正解になり使い物になりません。
資格は制度が変われば過去の資格本の方法では、試験に出ない所も勉強せざる得なくなります。
管理人個人の意見ですが以外に経営の考え方の本は大丈夫な気がします。
但し 制度(例 助成金の方法)とか販売方法(例 アフィリエイとのやり方)別です。
理由 確かに最新の方法はどんどん開発されていますが、いざ自分でビジネスをする時には、最新であるかとか
すごい人が考えた方法だから良いといった物では無く、自分がしてきた事、やろうとしている事によって
もっとも最適な方法が変わります。要は経営は自分が持っている経営資源や学んだ事や考えた事を見つめて
自分で考えてしないといけない部分が多すぎるからです。本は方法を見つけるヒントだと考えています

地域ブログ 作りました ここの第4回のようにして仕入れルートの自分の地図作ってみて下さい。



下記に 最初に見てほしいこと載せました













by fyi0007 | 2009-04-16 22:48 | 基礎講座